日本に向けて「タオバオ転送」

「集運」というサービスについて

中国系の多く住むマレーシアなど、海外に向けて商品を転送する「集運」。これはタオバオの中にある公式的なサービスです。中国の出品者は、海外向けに商品発送をすることを面倒だと感じていますので、あまり積極的ではありません。そこでタオバオ自身が、一旦商品を一か所に集荷して、海外に向けて転送する商売を思いつきました。これが「集運」です。

通常、タオバオでは商品発送の業務は行っておらず、セラーと買い手の間には、中国国内の宅配業者が入る形で物が届けられています。「集運」によりはじめてタオバオが物流過程に介入したことになります。これまで、タオバオ代行業者が行っていた内容の一部をタオバオ自身がはじめたサービスです。

サービスができてしばらくすると海外物流会社4PXPRouterが日本向けに配送業務を始めました。マレーシアなど中華圏であれば中国語でのサービスで十分なのですが、日本向けサービスにも関わらず説明は全部中国語です。つまり、日本に住んでいる中国人を意識して作られたようです。もちろん日本人の方でも、タオバオIDを取得すれば、使えないことはないでしょう。日本人が使う場合は辞書を引きながらの設定が要りそうです。また4PXPRouterとのやり取りも日本語は使えません。

当社のタオバオ代行サービスを日頃から利用して頂いている日本在住の中国人のお客様もこの「集運」はご存じだとのことですが、それでも当社の代行を利用されています。理由を聞いてみたら、単純で「日本国内で日本円での決済ができるから」とのことでした。タオバオの「集運」を使う時にカード決済手数料として代金の3%を上乗せされますが、これがネックだったようです。

「転送だけ」サービスについて

日本人の中にもタオバオIDを取得している方が増えています。今では海外からでもカード決済でタオバオ・天猫での支払いができます。しかし商品を実際に海外発送してくれるセラーを探すのは、至難の業です。そこで必要となるのが、「集運」をはじめとする「国際転送サービス」です。

サポートECジャパンでは、中国でお客様に代わって商品を受取り、そのまま日本へ発送の手配を行っています。簡単に説明すると「転送だけ」のサービスです。

タオバオの「集運」と異なるポイントは、タオバオ以外の商品であっても、中国にある物品、貨物を国際輸送できる点です。このサービスは、弊社指定住所へ品物を配送して頂き、商品が揃った段階で発送する転送サービスになります。

  • 中国国内にある物品を弊社の中国側で受け入れ後、日本までの転送が可能です。
  • タオバオやアリババで直接購入ができる方が、国際輸送の部分だけ依頼できます。
  • 入荷した状態をそのまま日本のご指定先まで転送します。

詳しくはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。