中国国内の送料を確認する方法

タオバオのセラーは、中国の全国に散らばっている普通の中国人です。発送元と受取り地点の間で物品を輸送しますので、送料が発生します。この時にかかる中国国内の送料について説明します。

タオバオで買った商品の中国国内の送料

受取り地域を選ぶ

図の「至北京」という部分に注目して下さい。セラーの所在地から届け先までの地域の選択があります。この図は北京から閲覧した場合の表示です。日本から見た場合は、「全国」または「海外」表示になります。このようにタオバオには、受取る地域によって送料が変わる仕組みが備わっています。

kokunai1

「北京」の横にある▼をクリックすると地域の選択できます。

下図は、地域を選択中の画面です。

kokunai_2

送料を確認する

12.0元 と 30.0元の表示が出ていますが、殆どの場合安い方の送料で届きます。地域によっては、EMSしか送れないこともあり、この例では30元かかることになります。

送料のデータはショップが管理している

商品の重量は、宅配業者がショップに商品を取りに来たときに計測しますので、一度も商品を売った事がないショップだと送料が不明確なことがあります。

重量と受取り地域によって、全ての送料を計算してタオバオ画面に入力するのはショップの仕事です。タオバオの仕組みとして表示機能があっても、ショップがいい加減なデータを入力しているケースがある事から、実際には商品を買ってみなければハッキリしない情報です。

ショップが同じ商品を中国の各地に販売を続けていると、自然に地域毎に送料が把握できますので、その段階ではじめて正確な情報が揃うということになります。販売経験が少ないショップから物を買うというリスクは、このような事象からも判ります。

代行サービスを使用した場合の送料

日本までタオバオの商品を運ぶ場合は、タオバオ代行サービスを利用することになります。この時は、まず一度中国国内で代行業者が商品を受取ります。この時点で中国国内の送料が発生します。日本の購入者のところに届くまでには、「中国から日本」の住まいまでの国際送料が追加されることになります。

title_taomap2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする