タオバオとは

タオバオ(淘宝网)とは

2016年に100兆円を超える規模で拡大を続けている中国の電子商取引市場ですが、その中心で牽引するアリババ集団は、ECの利用が未だほとんどなかった2003年頃に早くもタオバオを立ち上げて現在に至ります。

alib33

タオバオ(淘宝网)とは、2003年、中国のアリババ集団が設立したオンラインショッピングモールで、中国人消費者間での取引ができるネット通販で中国最大の規模となっているサイトです。 初期のタオバオは、C2C取引きの環境を提供しており、5年後の2008年にはB2B型の専門店モール「天猫」も立ち上げています。現在もC2Cの取引は活発で、ちょうど日本のヤフオクのようなイメージです。

tmalllogo

現地の中国では、どんな感じなのか?

中国のネット利用者は6億人を超え、過半数以上は殆ど毎日ネットショッピングを利用しています。利用者の増加に伴い、今度はネットで販売する人も急増中でその大半がタオバオのセラーになっています。

タオバオが受け入れられた理由はアリワンワン(阿里旺旺)にあります。中国人が買い物する時は必ずチャットで商品の実在を確かめる習慣があります。セラーの手元に商品があるか心配なら、写真を送ってもらえば安心です。

タオバオ(淘宝网)で買えるモノ

タオバオが扱う商品は、アパレル、化粧品、デジタル、スポーツ用具、小物、アクセサリー、建材、家具、電化製品、食品、雑貨等など無いものを探す方が難しいとも言われ、日本の楽天市場の10倍以上の規模の商品で溢れています。2014年の売上は楽天の21倍と伝えられています。

淘宝リンク トップ カテゴリ ジャンル別 アプリ一覧

taobao

タオバオ・天猫・アリペイ

タオバオと天猫は、C2CとB2Bの違いで区別がありますが、購入過程の支払いシステムは一律アリペイ(支付宝と言う支払い方法)なので、中国人にはとても便利になっています。どんな品物でも何でもあって安さを追求するならタオバオ、安心と信頼が優先される場合は、天猫を選択する使い分けになります。

アリババ提供するこの2大モールは、実に中国EC市場の約80%を占有しており、最大の特徴は、価格の安さと品揃えです。当然のことながら安物買いの銭失いとなるような事例も少なくありませんが、買い手側の工夫次第でタオバオの利用価値は十分にあります。

タオバオを支える電子決済システム支付宝(アリペイ)の成功と安定が、この巨大モールのすべてを動かしています。タオバオを完全に理解するには、アリペイを知ることが最も重要な要素となります。

alipay-logo

弊社では、お客様の欲しい商品のURLを教えて頂ければ、タオバオ・アリババなどの商品の輸入代行サービスを行っています。

タオバオ代行サービス

サポートECジャパン タオバオ代行サービス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。